長期休暇を取る為に気を付けたいこと

日本の企業は、欧米と比べて社会人の長期休暇が少ないと言われています。フランスでは、一ヶ月のバカンスを取れるような制度が整っているのに対し、日本の会社はお盆休みや正月休みでも6日から9日が平均のようです。

もしそれ以上の長期休暇を取る事になった場合は、気をつけなければいけないことがあります。

まず、事前連絡を徹底することが大切です。早めに上司に相談しておき、忙しい時期に休むのはなるべく避けて、他の人とかぶらない日程を選ぶようにしましょう。
また、休んでいる間に替わりに仕事をする人や負担をかける人に、お詫びと事前連絡をしておきましょう。自分が居ない間、業務で困らない状態を作るよう心掛けることが大切です。

休み明けの態度にも気をつけなければなりません。時差ぼけや休み疲れを出さないように、最低でも一日前には家に居るようにして疲れを取ります。出勤した際にはオンとオフを切り替えて、しっかり仕事に取り組みます。
そして、迷惑をかけた人にはお礼やお詫びをするようにして、お土産などを持参するのも社会人として常識です。

どうしても忙しい時期に休まなければならないこともあるでしょう。そういった時は、普段の勤務態度が大切になってきます。普段まじめに仕事をしている人であれば、「あなたがそこまで言うなら」と言ってもらえる可能性があります。
とはいっても、日本企業の場合、休暇制度はあるもののなかなか取りにくいのが現状です。他の人に迷惑がかからないように気を配りつつ、休みが取れるようであれば利用するのが良いでしょう。
「今の会社は休みが取れない」という方は、思い切って福利厚生が充実した会社に転職するのも1つの手です。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.